ルイボスティーは妊娠中でも飲める?

ルイボスティーは妊娠中でも飲める?

ルイボスティーはノンカフェインなので小さな子どもでも飲めますし、妊娠中でも飲むことが出来る安心の飲み物です。ルイボスティーと妊娠についてまとめておきましょう。

 

・ノンカフェインで安心

妊娠中は、特に水分補給を意識して行う必要があります。妊婦さんの体液はお腹の赤ちゃんに注がれていますから、どうしても妊婦さんは脱水状態になりやすいのですね。

 

そのため、妊娠前には快便だった人もひどい便秘になる場合が多いです。

 

ルイボスティーには天然のマグネシウムが豊富に含まれますので、腸の中で水分を集めて便が出やすくしてくれる効果もあります。下剤など飲めませんから、妊婦さんにとってはかなり助かりますよね。

 

同様に、出産後、授乳期にも妊婦さんの水分補給としてルイボスティーは大きなサポートになります。なかなか摂取しにくいミネラルが豊富ですから、忙しくて自分の食事などままならないお母さんにとって理想的な栄養補給になります。

 

ルイボスティーで母乳の出が良くなったという声も多いですから、理想的ですね。

 

・妊活にも利用されるルイボスティー

実はルイボスティーは、妊活中の女性にとても高い人気のある飲み物でもあります。

 

これは、ルイボスティーに含まれる抗酸化物質が、卵子や精子の老化も防止してくれる効果があると考えられているからです。特に年齢が高めの夫婦であれば、一緒にルイボスティーを飲むことで理想的な妊活になるかもしれませんね。

 

ルイボスティーには性ホルモンのサプリメントとも言われる亜鉛も含まれていますので、卵子や精子が作られる環境を整えることも出来るでしょう。

 

活性酸素が体内に多いと、卵子を攻撃して老化させてしまい、妊娠しにくい環境を作ってしまいます。また、日頃からカフェインを多く摂っている人は特に活性酸素が心配ですので、妊娠を希望するなら早めに飲み物を切り替えましょう。

 

・水銀の心配は無い

一部の噂でルイボスティーに水銀が含まれているのではないかという話があったようですが、調べる限りただの風評としか言えません。それでも良心的なメーカーは水銀検査などについて詳しく掲載していますので、納得出来るものを購入すれば更に安心でしょう。