ルイボスティーの副作用は?

ルイボスティーの副作用は?

ルイボスティーは身体に良いことばかり言われていますが、実は危険性はないのか?と気になっている人もいるようです。結論から言えば、ルイボスティーはノンカフェインで子どもでも飲める安全性の高い飲み物です。

 

当然副作用などはありませんが、気になる要素がないか調べてみましょう。

 

・ミネラルの豊富さ

ルイボスティーの良い点はミネラルの豊富さですが、そのミネラル分がお腹の調子を変えてしまう場合もあります。体質ですので何とも言えませんが、日本人は軟水で生活している民族ですから、ミネラル分の高い水分を摂取するとお腹がゆるくなってしまう場合もあります。

 

ただ、ミネラルはもちろんデトックス効果を得るためには良い成分ですし、便秘の人は非常に硬度の高い海外のミネラルウォーターを買って飲んだりしていますよね。血行も良くなりますし、適度な量を飲む分には心配するようなことはありません。

 

・タンニン

ルイボスティーは、少量ではありますが、タンニンを含みます。

 

たいした量ではないのですが、強いて言えば大量に飲んだ場合に逆に便秘になってしまう可能性もなくはありません。渋柿をたくさん食べると便秘になると聞いたことは無いでしょうか?

 

これは柿の持つ渋みであるタンニンの影響で、腸のぜん動運動が緩慢になってしまうことが原因です。緑茶にもタンニンは含まれますので、濃い緑茶を飲むと下痢が止まるという昔からの療法もありますよね。

 

とは言え、非常に濃く煮出したものを1日に大量に飲まない限り大丈夫でしょう。
緑茶を飲むと便秘になるという人は、薄めにして飲むと良いでしょう。

 

・ルイボスティーの品質

ルイボスティーにはランクがあり、一番上位がオーガニックのスーパーグレートです。

 

当然価格に大きく影響しますが、あまりにも悪い品質のルイボスティーを選ぶと、効果が無い場合や体調が悪くなるリスクが高くなることは認識が必要でしょう。日本で採れない以上、海外のものを飲むしかありません。選ぶ目はしっかり持っておきたいですね。